ヘアケア 頭皮ケア

『頭皮ケア』美容師がアドバイス!女性のための頭皮知識!シャンプー編

お客様
最近頭皮が硬くて、抜け毛も増えた気がするのよね

乾燥して頭皮が痒くて!

女性って意外と頭皮の悩み多いと思うのよね!

頭皮の皮脂が多くて悩んでますとか

頭皮からフケが出てきたけど対処法はどうしたら良いの?

頭皮のケアってそもそも何すればいいの?

とか・・

SEKI
今回はこんな悩みをお持ちの方に少しでも為になる記事になっています

目次から気になる項目までジャンプできるので押してみて下さい

自分の頭皮タイプを知ろう

ではまず自分の頭皮タイプがどれなのかを把握しときましょう。

まとめてみました☟

健康な頭皮』『乾燥肌』『脂性肌』『乾燥性脂性肌』『敏感肌』『アレルギー肌』

・頭皮の色がうっすら青みがかっている

・皮脂と水分のバランスが取れた肌

・皮脂が少なく、カサカサしている

・頭皮を触るとフケが出る

・しっとり感がない

・頭皮がベタついている

・皮脂で毛根が詰まっている

・大きいフケが出る

・頭皮がカサカサなのにベタつく

・炎症が起きる

・頭皮が赤みを帯びている

・部分的に炎症がある

・一見分からない

・カラーやパーマなどをした際に炎症を起こすor頭皮がしみる

それぞれの頭皮タイプを改善するにはコチラ

『乾燥肌』の方におすすめ

  • 洗浄力の弱いシャンプーに変更する  ☞アミノ酸系・ベタイン系・タウリン系・PPT系
  • お風呂上がりに頭皮用の化粧水をつける☞つけた後にやさしくマッサージする
  • 朝シャンプーをやめる        ☞ぬるま湯で寝癖を直す
  • 頭皮を掻いたり、ゴシゴシしない   ☞頭皮になるべく刺激を与えない

脂性肌の方におすすめ

  • 炭酸クレンジングで頭皮に詰まった皮脂を落とし、素の頭皮状態にもどす
  • 食生活を変える・ビタミンBがおすすめ☞ヘルシー食生活に、卵、レバー、青魚
  • 『適度な洗浄力のシャンプーに変える』☞スルホコハク酸塩系シャンプー・酸性石鹸系シャンプー・アミノ酸系シャンプー
  • シャンプーやトリートメント後はしっかりとすすぐ

乾燥性脂性肌の方におすすめ

  • しっかり汚れを落とし、頭皮の保湿を必ず行う
  • 炎症が起きやすいので、ゴシゴシシャンプーをやめる
  • 日頃から水分をしっかりとる
  • 頭皮にも化粧水を朝と夜に必ずつける
  • 洗浄力がマイルドなシャンプーがおすすめ

敏感肌な頭皮の方におすすめ

  • 『洗浄力が弱いシャンプーがおすすめ』 ☞アミノ酸系・ベタイン系・タウリン系・PPT系
  • 『シャンプーの際にゴシゴシしない』  ☞頭皮やさしくマッサージするようにシャンプーする
  • お風呂上がりは低刺激な頭皮化粧水を使う
  • シャワーの温度を高くしない
  • ヘアカラーやパーマなどの頭皮に薬剤がつく施術は行わない

アレルギー肌の方におすすめ

  • カラーやパーマなどの薬剤は控える☞ハーブカラーやヘナなどの植物由来の施術に変える
  • パッチテストを行う       ☞カラーやパーマなどを行う前に自分の肌が大丈夫か確かめる
  • 敏感肌と似ているので、なるべく頭皮には負担をかけない
  • 無添加シャンプーにする
  • 洗浄力の強いシャンプーは使わない

まずはシャンプーから変えるのがおすすめ!

SEKI
容器の裏側に内容成分が記載してあるから、そこをチェックして購入しよう!!

おすすめの成分をまとめてみたよ!!

おすすめ成分

  • ココイルグルタミン酸Na
  • ココイルアラニンNa
  • ココイルメチルタウリンna
  • ココイル加水分解コラーゲンNa
  • ラウロイル加水分解シルクNa
  • コカミドプルピルベタイン
  • ココアンホ酢酸Na
  • ラウリミノジプロピオン酸Na
SEKI
おすすめの成分はどうでしたか?自分が使っているシャンプーを確認してみてね!

次に洗浄力が強い成分をまとめてみるよ!☟

洗浄力が強い成分一覧

  • ラウリル硫酸塩Na
  • ラウレス-硫酸Na
  • オレイン酸Na
  • ヤシカリ石鹸
  • オレフィンスルホン酸Na(やや洗浄力高い)
ラウレス−硫酸はよく見る成分だわ!市販のシャンプーに使われていることが多い気が

これはメモして、シャンプーを買うときに参考にして下さいね!

洗浄力が強いシャンプーっていけないの?

SEKI
これは一概にダメです。とは言えません。

1番良いシャンプーの選び方は、

『自分に合ったシャンプーを選ぶこと』です。

自分に合ったシャンプーを見つけるには、美容師さんやヘッドスパ二ストさんに聞いてみたり、成分で選んでみたりすると

自分に合ったシャンプーが見つけやすいです。

自分に合ったシャンプーとは

  1. 使用していて違和感がない。調子が良い
  2. 頭皮が痒くなったり、乾燥したりしない
  3. 香りがリラックスできる
  4. 髪の毛がキシまない
  5. 髪に艶が出るようになった
  6. 洗い上がりが良い
  7. 1ヶ月たっても使用感が変わらない

成分で選ぶ時のPOINT

お客様
いざシャンプーを買いにきたけど、成分表みても何がなんだか分からない・・
SEKI
はい!ここでポイントをお伝えします。

成分表は上から配合量が多い順に記載されているので、上の成分を見て購入を検討してみて下さい。

配合成分1%以下は順不同で記載されるので、下の表示よりも上をしっかりチェックしましょう

まとめ

SEKI
今回は女性のための頭皮知識『シャンプー編』でした。

初めて知った知識があればさっそくシャンプーから変えてみましょう!

最後に重要なのでもう一度まとめます。

まとめ

  • 自分の頭皮タイプを把握しよう
  • それぞれの頭皮ケアを知ろう
  • まずはシャンプーを選ぶ際の知識を知ろう
  • 自分に合ったシャンプーを見つけよう
  • 見つけたら使ってみてどうだったかをチェックしよう
シャンプーは毎日使うものだから自分への投資だと思ってしっかり選んでいこう!!

綺麗な髪だと毎日気分上がるもんね!!

 

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

sekiblog

ブログと美容を愛し日々発信しています。メンズ脱毛・育毛ブログ・ヘアケア・「美容総合ブログ」を運営しています。本業である美容師の知識と経験に基づき記事をかいてます。

-ヘアケア, 頭皮ケア