メンズ脱毛

『光脱毛IPL』を詳しく解説!あなたに合った脱毛方法の選び方

光脱毛の中で一番耳にするのが『フラッシュ脱毛』です。

光脱毛では『IPL脱毛・SSC脱毛・SHR脱毛』の3種類があります。

この記事では一番サロン脱毛のなかで需要の高いIPL脱毛(フラッシュ脱毛)について解説します。

IPL脱毛

IPL脱毛とは(Intense Pulse Light)インテンスパルスライトが正式名称です。光の名前が『キセノンランプ』といわれる脱毛方法です。

特徴としては黒に反応するメラニン色素を壊して脱毛します。肌表面にある毛をターゲットに照射し、

毛から毛穴の奥の毛根部まで熱が伝わることで『毛を生成する細胞部分』にダメージが伝わり脱毛することができます。

毛が濃い人は痛みが伴なうので、照射部位に冷却ジェルを塗ってくれるサロンをおすすめします。

最新式の脱毛機は照射口の部位に冷却機能がついてるものもあるので

この場合はジェルを塗らないケースがあります。

IPL脱毛特徴

『IPL』脱毛の特徴は黒色に反応させるので、毛が濃く太い方が効果が高く、白髪やうぶ毛、毛が薄い方には効果はでにくいです。

医療レーザとこの『IPL』脱毛は仕組みは同じです。レーザーを使用するか、光を使用するかなので毛を脱毛する原理は同じになります。出力の部分でレーザーの方が強いので、脱毛効果で比べると、光脱毛の方が劣ってしまいます。

脱毛サロンでもこの脱毛方法が一般的で、照射をした後に毛がポロポロ抜け落ちてくるのは『IPL』脱毛の特徴です。

また照射の際に焼けた臭いがするのもこの脱毛の特徴です。毛のメラニンに反応するので、毛が濃くて太い方ほど臭いがします。

IPL脱毛のメリット

step
1
光脱毛の中で1番効果高い

光脱毛の中では1番効果が高い脱毛です。医療レーザーと仕組みが同じなのでパワーがあります。

濃くて太い毛に対応できる。

髭や脇やデリケートゾーンなど濃い毛が密集している部位ほど、高い効果を感じることができます。

毛がポロポロ落ちてくるので、脱毛している実感を感じやすいです。

step
2
美顔効果ありで肌にも嬉しい

「シミ」「そばかす」「ニキビあと」「しわ」「あから顔」「はり」などのお肌トラブルにも効果が期待できます。

『IPL』の光はフォトフェイシャルの治療にも用いられているので、上記の効果が期待できるんです。また医療レーザーと比べ波長が短く

薄いシミにも効果を発揮してくれます。毛もなくなって肌も綺麗になるなんて最高ですね。

医療脱毛より出力も少ないので、肌にも負担が軽減できるので、そこもメリットの一つ。

step
3
毛がポロポロ抜け落ちる

『IPL』脱毛は毛のメラニン色素に反応し毛根の奥の細胞を壊します。そうすると照射後1週間〜10日ほどで毛がポロポロと落ちてきます。

この効果のおかげで脱毛をしている実感を感じれます。朝起きて鏡を見ると、「あ。。毛が無い」って感じです。毛が無くなるので次に生えてくるまで快適な『NO毛ライフ』を過ごせます。

毛を剃っていないので、新しく生えてきた毛はチクチクもしづらく柔らかさがある毛が生えてくることもあります。毛根がダメージしている証ですね。

IPL脱毛のデメリット

step
1
日焼け肌や色黒の肌には照射ができない

『IPL』脱毛の光は毛のメラニン色素に反応させるので、肌の色が黒かったり、日焼をした肌ではその皮膚に反応してしまい、毛の毛根分に光が届かないのです。

また皮膚に反応してしまうので、火傷の可能性や、肌荒れの可能性が高く非常に危険です。

夏場に日焼をし、脱毛サロンにいくと断られるケースがあるのは『IPL』脱毛で施術をしているからです。

step
2
白髪やうぶ毛、薄い毛には効果が低い

『IPL』は毛の黒いメラニン色素に照射しているので、そもそも白髪や産毛、薄い毛には効果が低く反応しずらいです。

女性や男性でも体毛が薄い方は、効果を感じるのに時間がかかるので、違う脱毛方法を検討してみましょう。

体毛が薄い男性におすすめの脱毛で痛みも少ない『SHR』脱毛があります。こちらは白髪や産毛にも効果があるのでおすすめです。

[SHR式脱毛についての記事はこちら]

step
痛みがある!光脱毛の中では1番痛い

『IPL』脱毛は光脱毛の中では1番効果を感じやすいぶん、痛みが伴います。

照射の際に1度の光の熱で毛根にダメージを与えるので、1点に熱が集まります。そのため痛みが強く感じます。

特に痛みを感じるのは、黒くて太い毛が密集していたりする「髭」「両ワキ」「デリケートゾーン」は特に痛みを感じる人が多いです。

光脱毛の中では1番痛いのですが、医療レーザーやニードル脱毛と比べると痛みはとても弱く、肌への負担も少ないので僕はおすすめしています。

step
毛周期に合わせて照射をしなければならない

『IPL』は毛に光を照射し、毛を伝って毛根部に熱を伝えているので、毛根部に毛がしっかりついている状態で照射しなければいけません。

しっかりついている状態が成長期になるので、「成長期」に照射するのがポイントです。毛周期は部位によってばらつきはあるものの

2〜3ヶ月周期が基本サイクルなので、このサイクルを意識して照射しないと意味がありません。したがって照射の回数が年間で6〜8回と少ないのがデメリットですね。

IPL脱毛がおすすめの人はこんな特徴

こんな方におすすめ

  • 美肌効果やシミ、しわ、あから顔、などにも効果を感じたい人
  • 髭やVIO、両ワキ、すね毛などの濃い部位の脱毛を考えている人
  • 体毛が全体的に濃く、毛が1本1本太い人
  • すぐに効果を感じ脱毛していると実感したい人
  • 痛みに比較的強いと自負している人
  • 脱毛サロンに頻度良く通えない人

IPL脱毛を他の脱毛と比較してみた

 IPL方式SHR方式レーザー方式ニードル方式
脱毛の仕組み光の熱を使用して
毛根に作用させる
弱い光を連続して使用し
毛包に作用させる
バルジ領域の機能低下
レーザーの熱を使用して
毛根に作用される
ハリと電気を使用して
毛根に作用される
痛み一瞬の軽い痛みIPL方式温かさを感じる程度
同じ箇所に照射しすぎると
やけどを起こす
刺さるような強い痛み レーザー方式やけどのような強い痛み ニードル方式
肌へのダメージ軽いやけどの可能性温かい感じ一時的な炎症の可能性弾くような痛み
時間10秒100本
ワキ10分 全身150分
10秒1000本
ワキ1分 全身30分
10秒100本
ワキ10分 全身150分
10秒1本
ワキ100分 全身1500分
価格標準的な金額スピード脱毛で低価格医療のため高額時間がかかるため高額
設置店脱毛サロン主流機器高額のため希少医療で主流需要低下
I

IPL脱毛で全身脱毛するなら、『SHR』式脱毛と併用すると施術時間も短縮できて、濃い部位にはしっかり『IPL』脱毛で照射し効果を高めれるので

『IPL』『SHR』脱毛での併用がおすすめ!併用している脱毛サロンはまだまだ少ないので、脱毛する前に確認することをおすすめします。

まとめ

IPL脱毛まとめ

  • 光脱毛の中では1番脱毛効果が高い
  • 美肌効果が期待できる
  • 毛が抜け落ちるので日々のお手入れ楽ちん
  • 産毛・白髪・薄い毛には効果が低い
  • 日焼けした肌や肌色が黒い場合は照射ができない
  • 毛周期に合わせて照射をしないといけないので脱毛完了までに時間がかかる
  • 光脱毛の中では1番痛い

まとめるとこんな感じです。脱毛は安い買い物ではないので、脱毛選びで失敗しないように自分に合った脱毛を選びましょう。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

sekiblog

ブログと美容を愛し日々発信しています。メンズ脱毛・育毛ブログ・ヘアケア・「美容総合ブログ」を運営しています。本業である美容師の知識と経験に基づき記事をかいてます。

-メンズ脱毛