スキンケア メイク

「化粧ノリが悪い肌の原因は〇〇だった」オススメのケアを紹介

SEKI
こんにちはSEKIです。今日は化粧ノリが悪い肌の対象法を記事にしました。悩んでいる方は参考にしてください

「肌が乾燥していて、ファンデを塗っても粉ふきしてしまい、見た目が残念。。」

「肌に艶がなくメイクも崩れてしまう」

「普段のメイクなのに調子が悪い」などなど

こんな悩みをお持ちの方!!あなたの悩みの解決に少しでも力になれる記事なので、参考にしてください!!

化粧ノリが悪い肌の原因はこちら

ここに注意

・皮脂の分泌が多く皮脂が残っている

・うぶ毛が残っているorムダ毛処理ができていない

・自分にあったスキンケアができていない

・ファンデーションを厚塗りしすぎ

・メイク前にしっかりとした手順で行えていない

・肌が乾燥している

まずは上記のポイントをしっかり頭に叩きこみましょう。詳しく解説していきます。

 

皮脂の分泌が多く皮脂が残っている

化粧ノリが悪い原因その1は皮脂の分泌が多いことです。

メイクしても皮脂のせいで化粧が崩れてしまい、化粧直しにも時間がかかってしまう

これは肌の悩みの一つですよね。

対処法としては、スキンケアを見直すことが大切。オイルクレンジングでしっかりとメイクや余分な皮脂を落とし

化粧水と乳液やクリームで『保湿&とじこめ』を行いましょう。水分の蒸発も防いでくれるので、乾燥肌の方も

必ず行うことをオススメします。

皮脂が多いからと洗顔の回数を増やすのはオススメしません、あぶらとり紙で優しく皮脂をとるのがオススメです

うぶ毛が残っているorムダ毛処理ができていない

これは意外と知らない方も多い原因です。

顔にもうぶ毛やムダ毛が生えます。そのせいで、ファンデーションが肌に密着しないので化粧ノリが悪くなります。

メイク前にシェービングすることをオススメします。理髪店でシェービングした後にメイクするとびっくりするほど

綺麗にメイクがノッてくれますよ!

SEKI
僕は理容師の資格もあるので、経験済です!

でもなかなか理髪店に行くのは抵抗ある方が多いと思うので、まゆシェーバーなどの家電で試してみてください!効果が実感できた方は顔脱毛するのもオススメですよ!

SEKI
僕も顔脱毛で化粧水やクリームがより浸透するようになりました!

キモチィ〜!

自分にあったスキンケアができていない

まずは自分の肌タイプを知りましょう。自分の肌タイプに合わないスキンケアはNGです。

参考にしてください☟

肌タイプリスト

  • 乾燥肌 ☞保湿メインのスキンケアをしましょう。乳液、クリーム、保湿効果の高い美容液を使いましょう。また洗いすぎも注意です
  • 脂性肌 ☞毎日の汚れをしっかりと落としましょう。オイルクレンジングを使うのもオススメ!化粧水をつけたら、ベタつかない乳液がオススメ
  • 混合肌 ☞汚れをしっかりと落としたら保湿しましょう。乾燥さんより保湿しなくても大丈夫ですが、乳液、クリームはマストでつけましょう!

スキンケアを重視すると肌はびっくりするほど生まれ変わりますよ!

ファンデーションを厚塗りしすぎ

厚塗りしがちなファンデーション

ついつい肌をカバーしようとファンデを厚く塗ってはいませんか?

肌質に合わせてファンデーションを選ぶと化粧ノリが良くなりますよ!

参考にしてください☟

肌タイプファンデーション

  • 乾燥肌 ☞リキッドタイプ・クリームタイプ・下地だけにする
  • 敏感肌 ☞リキッドタイプ・パウダーファンデーション・添加物の入っていないもの
  • 脂性肌 ☞パウダーファンデーション

パックやスチームでしっかりと保湿してあげると、次の日のメイクがしやすくなりますよ!

 

メイク前にしっかりとした手順で行えていない

手順が分からない人にも分かりやすく

朝時間が無かったりとメイクの手順は飛ばしがちになりますよね、でもそれが意外と化粧ノリが悪い原因に!

スキンケア後にすぐメイクに入ってしまうとヨレたり、崩れたり、下地やファンデーションが馴染まないんです。

スキンケア後に少し時間を置くだけで、化粧ノリが良くなるので試してください。

簡単な流れ

  • 洗顔(ぬるま湯がオススメ)
  • 化粧水をしっかり浸透させる
  • 乳液で蓋をする
  • 少し時間を置く
  • 下地をつける(ここ超重要)
  • ファンデーションつける

 

SEKI
下地はマストでつけよう!色ムラや白うき、ヨレを防いでくれるよ

肌が乾燥している

化粧ノリが悪い原因の多くは乾燥した肌にそのままメイクしているケースが多いです。

特に顔の凹凸がある箇所はしっかりと保湿した上でメイクをしないと馴染んでくれません。

特に冬場はエアコンや熱いお風呂やシャワーに入ることが多いので、乾燥しやすい条件が揃っています。

メイク前のスキンケアではこれでもかってぐらい保湿をしてからメイクしましょう!

まとめ

では最後にもう一度見直しましょう☟

まとめ

  • 皮脂が残ったままメイクしている
  • うぶ毛orムダ毛が残った状態でメイクしている
  • 自分にあったスキンケアができていない
  • ファンデーションをついつい厚塗りしがち
  • ファンデーションまでのスキンケアをとばしがち
  • 肌が乾燥した状態でメイクしている

お疲れ様でした!もしこの中で普段やっていないことがあれば是非今日から試してください。

「毎日を楽しくするビューティメディア」で毎日を楽しくしていきましょう!!

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

sekiblog

ブログと美容を愛し日々発信しています。メンズ脱毛・育毛ブログ・ヘアケア・「美容総合ブログ」を運営しています。本業である美容師の知識と経験に基づき記事をかいてます。

-スキンケア, メイク