エステ脱毛

脱毛する前に知っておいた方が良い注意点!前日・当日のNG行為

脱毛する前日や当日に間違えているケアや処理をされている人が最近多いです。そもそも知識がない人もいると思うので解説していきます。

脱毛は肌に負担を多少なりともかけてしまいます。そうですよね、毛をなくしてるんですから・・・

脱毛を初めてやるぞっと意気込んで独自の処理をした方が当日脱毛にいくと断られた。。ってこともときどきあります。せっかく楽しみにしていたのにそんなことになったらショックですよね。

そんなことが起こらないためにも今回はしっかり解説していくので、参考にしてくださいね。

脱毛前日のお手入れ方法

脱毛する前日は必ずおこなって欲しいのが「シェービング」です。とくに施術部を2センチほどオーバーラップさせて剃毛することをオススメしています。オーバラップさせる理由としては万が一光が生えている毛に当たらないようにするためです。基本光脱毛も医療レーザーも黒い毛のメラニン色素に反応して当てているので、残っている毛に反応するととても痛いです。担当する施術者も完璧に光を当てることができる人がいると思うのですが、万が一の事を考えてオススメしています。脱毛の施術者もサングラスをかけて照射することが多いので、なるべくは安心して施術したいので。

体を自分でシェービングする時の方法がわからない人が多くよく相談されるので、解説すると。まずお風呂場で剃毛したい箇所にシェービングクリームをつけカミソリで傷を付けないように、やさしく剃毛します。

全体的に剃毛できたら、次は乾かして剃り残しがないかを確認します。ここではまだ剃毛に慣れていない方は必ず剃り残しがあります。ここからは「電動シェーバー」で剃り残しを剃毛していきます。この「電動シェーバー」で剃るのがポイントで一度カミソリで剃毛するとお肌が敏感な状態になります。それをもう一度カミソリで剃ってしまうとさらに負担がかかるので、電動シェバーで剃毛することをオススメしています。

剃り残しがあるのもNGですが、肌が荒れてしまうとさらにNGなので気をつけましょう。

シェービングする際は傷や炎症を起こさないように処理する事をオススメします。当日にこられて肌が荒れて施術ができないケースが何件かあります。

自分で処理をするのが本当に難しい箇所の背中や0ラインはサロンで別料金を支払えば剃毛してくれるサロンが多いので。確認するのもようでしょう。剃毛せずに施術をすると、とても効果の実感がよくないので気をryけましょう。

脱毛する前に日焼けはNG

脱毛で効果をより実感するには「日焼け」はオススメしません。脱毛は基本毛のメラニンと言われる黒い色素に反応させて毛根にダメージを当てるので、肌が黒いと毛の黒さと色の差が出なくなり、効果が下がってしまいます。また日焼けは肌を軽いやけどの状態にしているので、その状態から光を当てるの炎症するリスクが高くなってしまいます。

なるべく前日に限らず、脱毛中は日焼けは避けましょう。どうしても日焼け肌でも照射したい場合は「SHR」脱毛通称「蓄熱式脱毛」をオススメします。

飲酒は厳禁!なるべく前日も。

飲酒をすると照射をした肌がいつもより痛みを感じることがあります。当日は絶対NG、できれば前日も飲まない事をおすすします。

飲酒をした状態で照射をすると、いつもより肌が赤くなったり、痛みを感じやすくなります

脱毛当日の過ごし方

では脱毛の当日の過ごしかたを紹介していきます。

何か必要な物はありますか?という質問をよくされます。とくに当日に必要な物はないのですが、やはり剃毛を綺麗にしてきていただきたいので、前日にシェービングしていても一応剃り残しがないかの確認をもう一度おこないましょう。また伸びるスピードがはやい方は髭の具合を確認することをオススメします。前日に綺麗に剃ったとしても一晩寝ると青くなる方がいるのでその場合はもう一度やさしく剃毛しましょう。

男性でも最近メンズメイクが流行っています。メイクはしていっても大丈夫なサロンが多いのですが、メンズ専門の脱毛サロンでは一応クレンジングを置いてあるかの確認をしましょう。

肌には基本何も付けずに来店するのがオススメ

最近男性でもスキンケをしっかり行う人が多く日焼け止めを使う人が多いです。日焼け止め、制汗剤、クリームタイプなどを使用している方は、サロンで落とせるか確認してください。

基本的に脱毛は肌に何もない状態にジェルを付けて光を当てたり、医療だと麻酔を付けたりするので、その際に邪魔にならないようにするのがオススメです。

脱毛前に激しい運動はさける

脱毛前に激しい運動をすると血行が良くなり、光を照射した際に痛みを感じやすくなることがあります。また脱毛後にいくのもオススメしません。脱毛後は肌も敏感になっているので気をつけましょう。

できればサウナや湯船、熱いシャワーなどは控えた方がお肌に優しいので肌をいたわるためにも当日の施術前や施術後はゆっくりと過ごしましょう。

脱毛サロンへいく服装はなるべく軽装がオススメ

脱毛にいくさいはなるべく軽装でいくことをオススメしています。

施術箇所にもよりますが、基本的に着替えたりジェルを塗ったりとするので、着替えやすい洋服や多少ジェルがつく可能性が0ではないのでついても大丈夫な洋服。

全身脱毛やVIO脱毛の際にも紙ショーツに着替えたり、タオルでカバーして施術することが多いので、とくにこの格好で行かないといけないということはないので安心してください。

脱毛後のケアの注意する点

脱毛はお肌が敏感の正体で毛穴も開いている状態になりやすいので、血行をよくしてしまう、激しい運動や飲酒、銭湯サウナは避けるのがオススメです。

施術した夜は湯船につからずにシャワーだけで済ませるのがオススメです。サロンによっては湯船OKですと言われることもありますが、血行をよくしてしまうので、炎症が起きる可能性があります。

僕は湯船に1度使ったことがありましたが、肌が少しピリピリしたのでそれ以降やめました。個人差あると思います。

保湿をしっかりとおこなう

サロンでも脱毛後は化粧水などをつけると思いますが、なるでく脱毛中は化粧水や抑毛剤をつける習慣をオススメします。紫外線などで肌が気付いていないうちに日焼けをしていたりするので、なるべく肌の負担を減らしてあげるためにお手入れはこまめにしてあげましょう。

まとめ

では今回のこの記事をまとめていきましょう。

まとめ

  • 前日に「シェービング」をおこなう。剃り残しが内容にカミソリと電動シェーバーを使い分けしっかり剃毛する
  • 前日と当日はとくに日焼けに気を付ける。施術を断られることがある。なるべく脱毛している期間は避けることをオススメ
  • 前日と当日の飲酒はさける。血行がよくなり炎症起こす可能性あり
  • 来店するときは基本施術箇所には何も付けないこと
  • 来店のさいは軽装でいくと着替えが楽
  • 脱毛前に激しい運動はNG これも血行がよくなる為
  • 脱毛後のケアはしっかり保湿をする。こまめに化粧水や抑毛剤をつける習慣をつけましょう

脱毛は肌に負担をかけてしまうので、少しでも負担を少なくしてあげましょう。

しっかりケアをすると炎症や肌が荒れたりなども防げるので、オススメです。

スポンサーリンク

  • この記事を書いた人

sekiblog

ブログと美容を愛し日々発信しています。メンズ脱毛・育毛ブログ・ヘアケア・「美容総合ブログ」を運営しています。本業である美容師の知識と経験に基づき記事をかいてます。

-エステ脱毛